コロナ禍のなか、さまざまな苦難が押し寄せて、今なにから手をつけるべきかわからず、モヤモヤしていませんか?

この記事を読むことで、あなたの3〜5年後の未来や、今すぐ取り組むべきことをスッキリまとめる方法がわかります。

どうしようか悩んでいる方は、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。

こんにちは、イーデザインショップの諸藤です。じつは私自身、一人親方で複数の事業を行なっていてそれぞれ大きな打撃を受けており、今まさになにから手をつけたらいいのか頭の整理をしなきゃという状況です。

今回は私が過去にピンチを切り抜けてきたときの考え方の視点を振り返り、小規模事業者向けの経営計画書のつくり方のポイントについてお伝えします。ズバリ結論から言うとうまくピンチを切り抜けるポイントは「経営計画書はA3一枚に簡潔にまとめて週単位でPDCAを回すこと」です。

経営計画書とは何か?

経営計画とは経営目標を達成するための計画のことです。経営に関わる人たちが、社長の考えを理解して適切に行動するために共有する計画書です。

無料進呈:A3一枚で作成できる経営計画書フォーマット

この記事を最後までお読みいただいた方に限定で、「無料エクセルシート(PDF版もあり)」を進呈いたします。ご利用ください。

ダウンロードはこちらから

※無料エクセルシート進呈(PDF版もあり)

経営計画書はなぜ必要なの?

例えば、あなたが旅をするときのことを想像してみてください。地図で下調べをして、コンパスを手に取ってあるいはナビをセットして、旅をスタートしますよね?

もしあなたが、地図もコンパスも持たずに旅をしようとするなら、目的地に決められた時間に到達することは難しいでしょう。自由気ままな旅であれば、それも楽しみの1つかもしれませんが、決められた時間に到着しなくてはならない仕事の出張のような目的のある旅には、事前の準備が必要です。

経営計画は、あなたがこれから経営の旅に出て、迷子にならないために事前に準備する必要があるのです。

なぜ、A3一枚がいいの?

なんでこういうことを言うかというと、私たちのような小規模事業者は、日常からありとあらゆる業務を現場の最前線でこなさなくてはならなくて、経営計画書のような考える作業になかなか時間を割くことができません。

しかし、計画がないとチェックも改善もできないし、いったい自分はどこに向かっていて、あとどれくらいがんばらないといけないのか、迷子になってしまいます。なので、完璧な計画を立てることよりも、サクッと A3で簡潔につくって迷子にならないようにPDCAを回すことのほうが大切なんです。

例えば、まったく知らない土地で地図もコンパスも持たないで目的地にたどり着くのはとっても難しいですよね?大切な相手と待ち合わせ時間なんて約束していたら、もう大変なわけです。

経営計画書もこれとまったく一緒です。経営計画書は地図とコンパスと同じなんですね。なので今回、A3一枚に簡潔にまとめてPDCAを回す経営計画書のつくり方を心がけてみてください。

では、今回は小規模事業者向けに経営計画書のつくり方のポイントということで、完璧な計画よりも「A3一枚に簡潔にまとめてPDCAを回すこと」が大事なんだよ?ということについてお伝えしていますが、具体的に何を実践したらいいのか、早速、見ていきましょう。